文化

古今和歌集「仮名序」【紀貫之が和歌を説く名文】

「古今和歌集」は

905年(延喜5年)日本初の「勅撰和歌集」として、醍醐天皇の命によって作られました。

およそ127人の和歌、1111首が、四季・恋・その他13部に分類収録されています。

その序文として、紀貫之が平仮名で書いたものが古今和歌集「仮名序」です。

精選版 日本国語大辞典 より

 

「仮名序」は巧みな表現で、和歌の本質を語る貫之の名文として、知られています。

 

 

古今和歌集「仮名序」【紀貫之が和歌を説く名文】

古今和歌集「仮名序」【紀貫之が和歌を説く名文】

 

古今和歌集 「仮名序」

 

やまとうたは、人の心を種として、

よろづの言の葉とぞなれりける。

世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、

心に思ふことを、見るもの聞くものにつけて、

言ひ出だせるなり。

花に鳴くうぐひす、水にすむかはづの声を聞けば、

生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。

力をも入れずして天地を動かし、

目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、

男女のなかをも和らげ、

猛き武士の心をも慰むるは歌なり。

 

重要語句

人の心を種=人の心を源に

よろづの言の葉=さまざまなことば

世の中にある人=この世に生きている人は

ことわざ繁きものなれば=することがたくさんあるので

見るもの聞くものにつけて=見たり聞いたりするものに託して

言ひ出だせるなり=言い表したのである

生きとし生けるもの=この世に生きているものすべて

いづれか歌をよまざりける=どうして歌を詠まないものがあろうか(いや、ないのである)

天地を動かし=天地(の心)をも震わせ

鬼神をもあはれと思はせ=(目に見えぬ)精霊をもしみじと感動させ

猛き武士の心をも慰むるは歌なり=勇猛盛んな武士の心をも和ませるのが歌なのである

 

ぼんさん
やまとうた(和歌)の持つ力について、植物にたとえながらきれいにまとめているのじゃな。

 

 

重要表現

☆「係り結びの法則」

よろづの言の葉となれりける。

「ぞ」(係助詞)が文中にあると、結びの形が変化するきまりを「係り結びの法則」と呼びます。

(係助詞)は「ぞ(強調)・なむ(強調)・や(疑問・反語)・か(疑問・反語)・こそ(強調)」の5つがあります。

それぞれの係助詞のはたらきは、「強調」「疑問・反語」に分けられます。

 

本来の文は… 「よろづの言の葉となれりけり。」ね。 それが(係助詞)の登場で、

よろづの言の葉となれりけると変化するのね。なんだか「係り結び」の形の方が、迫力があるわね。

えどむすめさん

 

「係り結びの法則」によって、強調が強められますね。

 

古今和歌集「仮名序」【紀貫之が和歌を説く名文】

同じく「係り結びの法則」の出現で、「反語」が使われている例も見られます。

 

「係り結び」反語の出現例

「係り結びの法則」反語表現も使われています。

いづれ歌をよまざりける。

(係助詞)「か」疑問・反語の意味が生じる。

ここでは「反語」で訳します。

どうして歌を詠まないものがあろうか。(いや、ないのである。)

 

「反語表現」は、「~であろうか。いや、ない。」という訳し方をします。

理由は、「断定の意味を強める」ために、あえて「疑問の形で投げかける」のです。

 

現代では、「そんなこと知るか!(いや、知っている。)」というような言い方で使われたりしてるわね。
えどむすめさん

 

ちなみに

「係り結びの法則」で変化する結び形は…

「ぞ・なむ・や・か」のときは「連体形」

「こそ」のときは「已然形」

で文末をしめくくる。

 

結びの「活用形」は古典文法での形式になります。

そのような文末にしたほうが、より強調される「印象的な言い回し」になるわけです。

 

 

紀貫之が感じていた「和歌の本質」

今でも「言葉の力の影響力」について考えさせられる名文ではないでしょうか。

 

《出典》

「精選版 日本国語大辞典」

『新編日本古典文学全集11 古今和歌集』

 

 

 

-文化
-,

Copyright© @ じ ぱ ん ぐ , 2021 All Rights Reserved.